日園連

日園連の事業内容

1.指導事業への取組み

  • 高品質果実の安定生産と生産性向上のための技術開発の普及・推進
  • 果実の生産・出荷計画の策定と推進など需給調整に関する対策
  • 果実価格の安定と果樹生産者の農業所得向上対策の推進
  • 全国果樹研究連合会(全果連)の事務局を担当するなど、全国の果樹生産者の自主的活動に対する支援
  • 産地との円滑な取引の推進を図るため、青果卸売会社との情報交換による連携
  • インターネットを活用した果実及び果実加工関連情報の提供
  • 果樹専門月刊誌「果実日本」(創刊昭和21年)、「日園連情報」、「加工情報」などの発行

2.購買事業への取組み

  • 果樹生産資材及び果実の包装資材など農業資材の安定供給と高品質果実生産に連動したオリジナル資材の開発と提供

3.販売事業への取組み

  • 会員などが生産する果実の国内販売斡旋と、アメリカ、カナダ、東南アジアなどに向けたみかん、なし、りんごなどの国産果実の輸出

4.消費拡大活動への取組み

  • 食育の取組みと一体的に推進する果物のある食生活推進全国協議会の「毎日くだもの200グラム運動」と連携し、果実の需要促進を図るための消費拡大活動の実施

5.農政活動への取組み

  • 果樹農業の安定的発展を図るため、関係機関への政策要請などへの取組み